読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1師団創立52周年・練馬駐屯地創立63周年記念行事

イベント

http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1d/html/3ibento.html
目当ては74式戦車の体験試乗。9時ちょうどに入門してギリギリチケットゲット(正確には間に合わなかったけど「予備券」があって助かった)。乗るまではどうしようと思っていたんだけど、装備展示やら各小隊の出店やら、資料館の閲覧だのと見たいところがあちこちにあってあっという間に時間は過ぎてしまった。資料館はまさに第1師団の創設からのかなり貴重な品々が並んでいて、軽く見て回るつもりがいちいちガン見してしまう。鹵獲したバラライカとか、当時の軍刀とか、乃木将軍の遺書とかなんかもう想像外のてんこ盛りだった。各小隊の出店はとにかく安くて量が多くて呼び込みの声がでかい(笑)。某小隊では女性隊員にメイドさんのコスプレまでさせてノリノリで呼び込みしてるし、某第4小隊は写真のとおりガルパン押し(苦笑)。自衛隊イベントではすっかりおなじみなので、真似でもしたのかなあと見ていると隊員の一人はガルパンTシャツを見につけ、小隊帽には2つの缶バッチ…こいつらガチだ!!(笑)
74式戦車はかわいいなあ、ということで後ろのかごとはいえ初めての試乗。この手の試乗イベントって、たいていは子供向けのみだし、チケットは瞬殺なのですごく嬉しい。乗った感想は…想像以上にゴツゴツ動く。履帯走行かつ戦車なので頭では「加減速の早さ、左右の揺れの大きさ」というのはわかっていたつもりだけど、いざ体で体感するとその勢いに驚き。サスペンションを動かしているときは柔らかかったのに、それ以外はもうがっつり捕まっていないと間違いなくかごから振り落とされる勢い。これでも明らかに手加減しているんだから、戦車兵も大変だ。90式や10式が運転しやすいってのも、こういうのが緩和されたんだろうな。
戦車を降りたらついでに装甲車にも乗る。こちらは打って変わって非常に乗りやすい。音も静かで、曲がる時の衝撃もない(加速はすごいけど)。まあ、戦車乗った後だからなおさらそう感じたのかもしれないけど。
駐屯地内のコンビニは「デイリーヤマザキ」。意外にマイナー…だったけどラインナップがガチで中の人向けで楽しすぎる。幸か不幸かあまりお金を持ってきていなかったけど、持っていたらかなり買っていたと思う。商品紹介も「行軍のお供に!」とか「これで半長靴もピカピカ!」とか「弾倉固定帯」とかそのものズバリだし、アンダーシャツはどれも機能性Tシャツばかりでしかも安い。普段は行けないから、なおさら。来年も似たようなことやるらしいから、また来たいなあ。