読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(EP.7)

映画

スター・ウォーズ|STAR WARS|
4/5/6はまだ子供の頃だったけどずいぶん見ていた(特に4/6)。EP.6は小遣いからサントラ”レコード”を買ってずいぶん聞いていた。あれからずいぶん経ってEP.1が公開。それ見て「あれ・・・こんな子供っぽい話だったっけ?何かコレジャナイ感が」とがっかりして、2と3はまったく見ないまま今に至る*1。で本作は、事前に耳に入ってきたのが「プレ上映で大絶賛」「オールドファンは期待して良い」というものだった。
まだ公開して数日なのでネタばれは避けるけど、確かにEP4-6のファンならそれなりに満足できる。画面を見ていると「あ、あのキャラがいた!」とうれしくなること請け合い。物語自体もEP4の本歌取りっぽい感じで、EP1の失敗(少なくとも私にとっては)の反省を、あえてベタな方法を採用することで対抗してきたとも言えるけど、久々のメジャーナンバーだしこの方法が無難であろうと思う。2時間以上の長さだけど、飽きるような瞬間はなく次から次へと展開されていくので、そこは流石にルーカスというところか。Xウイング格好良かったし。
ただ心の中で「おお・・・」というシーンは確実にあるんだけど、血沸き滾るような展開が不足している気もした。もちろんスターウォーズにドはまりしている人なら確実に盛り上がるとは思うけど、カジュアルに見に来る層には「あのスターウォーズ見たよ」以上の感想は出にくいかもしれないなあ。実際、時間軸で心の盛り上がりを表現すると「ずっと75点」というのが妥当と感じたし。つまらなくはないし、EP6を知っていればワクワクするところもある…が、その喜びの起伏があまりない。平坦に「おお」というのが続いて終わる。極端な盛り上がり・盛り下がりがない。同じ軸をガルパンに当てると、トップから山があって、次に谷がきて、その後頂上の見えない山脈が延々と続く…といった感じであり、それが故に中毒性があって心に引っかかるところも多かった。
本作は悪くはないし、EP6好きなら一回は見ても損はしない。でも2回目があるかというとSWマニア以外は無理に行かなくてもいいんじゃないかな、と思う。

*1:なので詳細は良く知らない。ダースベイダーが生まれたきっかけとか、ドロイドが作られて反乱されてジェダイが皆死んだとか、帝国が勢力を拡大するきっかけとか。