読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコニコ超会議2016 第一日

ネット イベント

今年は初日しか参加できないのに、朝思わずNHKで面白そうな番組を見てしまって会場到着が遅れる。結局入場に1.5時間かかり、昼をすぎる。そして毎回思うけど、待機列の平均年齢がコミケのそれより圧倒的に若い。まあ仕方がないが。
とりあえず「児ポ論争」に向かうがすでに中盤を過ぎていて、面白そうな話をしていた前半を丸ごと見逃す。仕方ない、GW中にTSで見ることにする。でもこの面子は表現規制界隈でかなりディープなところが見えているから、同じ面子でまたやってくれないかな。
その足で「超ZUNビール」に。今回は「豆」「畑」とあったのでフルーティーさを想像したら、アルコール度は高そうだけど結構すっきりとした飲みくち。キンキンに冷やして飲むと更に美味い感じがした。そしてその隣の「超音楽祭」ではアイドルマスターSide Mがコンサートをやっていて「これが女性向けアイマスとP達か」と関心。アイマスは男性向け女性向け変わらず作品自体の方向性は同じなわけだ…アイマス2の時に無理やり961入れずに最初からSideMで攻めてたらあんなことは起きなかったろうに。
音楽祭〜ボカロ〜大相撲と見て回り、そのまま橋をわたって超刀剣・超自衛隊を見て回る。陸自の機動戦闘車、映像で見た時は「なんか格好悪いなあ」と思ってたけど、実物を見ると「よくもまあこのサイズにこの砲塔を収めたなあ」が先に来てしまった。装輪装甲車に乗っけるサイズとは思えんw そしてその隣にはF-15J/DJのエンジン「F100-IHI-220E」が。もうあれだよ、これは芸術品。細かい配管や可動部の並びを見ているだけで「ほぉぉ…」と声が出てしまう。その後は同人誌やら技術系研究を見て回る。超歌舞伎も見たかったが、早々に整理券がなくなったらしい。こちらもTSで見るしか無い。
全体として少し物足りない気もしたけど、これだけの面積を使ってようやく「余裕を持って見学できる」という気分になったので、やっぱニコ超の規模は物凄いことになっていると改めて思う。