読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リボンの武者(5)

野上武志作品は同人・商業含めて(鋼鉄の少女たちとか)からずいぶん沢山の作品で楽しませてもらってきたけど、この5巻はその中でも白眉の出来ではないかと思う。もちろんそこにはガルパン本筋の成功と、その成功故にどんどん深堀されていった多くのキャラクターの影響はあるのだけども、それをベースにして「これが野上スタイルの戦場浪漫である」という見せ方になっている。
なによりも、ガルパンファンの多くからいろんな意味で愛されているエリカと、みぽりん退学の経緯、黒森峰の伝統などが、野上先生ならではのミリタリー視点で語られているのがたまらない。
やっぱね。野上キャラで動かす以上は、萌え萌えした砂糖のような展開よりも、己のどす黒い情念と本能を極限状態の中で浪漫的に語ってもらわないとやはり嘘だ。もちろんそれを嫌うファンも多いだろうけど、それはそれで仕方がない。ただ少なくとも、私はこのスタイルが大好きなのだ。
しかしここまで「戦車道は甘い。タンカスロンこそが真実である」で通してきた物語に対して、一番最後に「ここからが戦車道だ」と占める展開もワクワクしている。…いやまあ、パスタの国の皆様が「準備は万全」と言っているので、その流れだと戦車道=アンツィオ高校の料理攻めになりそうで怖…じゃない笑いそうなのだけど。
あとは、そうねえ。誰がしずか姫に一敗地に塗れさせるのか、なのかな。本人的な状況はともかく、ここまで連戦連勝。しかもそれが本編高校相手だというから、5巻ラストのOGのセリフ同様に本編の熱烈なファンには「ふざけんな!のがみいいいぃぃぃ!!」となっているに違いないわけで(苦笑)。まあ残っているのは継続と聖グロしかいないんだけどね。昨今の少年向け物語では(漫画でもラノベでも)主人公が一回でも負ける行為があることを極端に回避する傾向が強いけど、掲載紙や客層を考えると本作は別に負けてもいいんじゃないのかな、と思う。はてさて、どうなることやら。わくわく。