読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレイブウィッチーズ

w-witch.jp
今季終了第9弾。SILVER LINK.の超手抜きアニメだった。二度と関わらないでくれ。
過去作視聴済みにしてシリーズの大ファン。そんな自分の中における本作の意義は「ワールドウィッチーズシリーズの命脈を保った」「陸戦ウィッチの公式化」の二種類しかなく、正直それ以外は評価できない…というかしたくない。理由は簡単で罵詈雑言しか出てこないから。
シリーズという前提を抜きにして本作を評価すると、本当に駄作の一言しかない。演出のやりようはいくらでもあるのに、わざとやっているとしか思えないほど平坦な物語展開。キャラの個性も思ったほど出てこず、一番盛り上がったのは最終決戦でもなくエイラーニャが出てきたときってのは新作としては本当に致命的ではないかと。じゃあシリーズであることを前提にしたらどうなるかというと、もっとひどい評価になってしまう(泣)。
先に行っておくとSW第1/2期も、正直言えばそんなに良い出来ではなく「痒いところに手が届かない」点は何にも変わっていなかったりする(苦笑)。シナリオも結構酷かった(苦笑)。ただ可愛い女の子とクロッチ描写「だけ」に命を懸けた監督(ミリタリーにはほとんど興味はない、と当時のインタビューでも答えている)に対して、一部ミリタリー愛好者が頑張ってそのあたりの濃い要素をぶち込んでくれたおかげで、想定外の化学反応が起こり成功に導けた。一部にCGを導入したのも目新しいといえる。平成日本アニメの「萌えミリ」は事実上ここがスタート地点と思ってもいい(もちろん過去にもそういう系作品はあったけど、長期にわたって話題になった作品はなかった)。
ブレイブウィチーズ最大の問題は、すでに8-9年前の作品で行われたその技法&演出をそのまま使ってしまったことだ。例えば初期に失望させたCG演出などはその典型。あの当時であればCGを使うだけですごいと言えたが、今や「フル3DCG週一アニメ」が放送され、その演出技法も加速度的に向上している状況である。そこに「卵にテクスチャを貼っただけで喜ぶ3DCG初心者」みたいな絵を商業アニメで使う決断をしたこと自体が異常…というか「完全に手抜きのために導入した」としか思えなかった。おまけに、第1/2期の評価を下支えした「かわいいキャラのクロッチ描写」「重箱の隅ツツキに耐えられるミリタリー演出」をきれいさっぱり吹っ飛ばし、代わりに3DCG演出を入れた…んだろうけど、これも前述のとおり「手抜きのための方法論」にしか見えなかった。陸戦ウィッチの登場も同様。ずっと彼女らの存在の公式化を待ち望んでいた自分にとってあの瞬間は至福であったのだが、同時に「キャラデザの統一感すら無視された、違和感ありまくりのあからさまな一枚絵」に、とんでもない脱力感を覚えたのも事実だ。
そういえばほかに一点評価した事に「キャラが生死判定を必要とするけがをする」があったか。第1/2期では監督の意向で「絶対に死なない」事がうたわれていてそれは本作でも同様なのだろうけど、その影響か大けがの描写はほとんどなかった(出血描写も)。その部分を一部ではあるが解禁したことは、多少なりとも視聴者に緊張感を生んでくれた。まあその程度ではあるが。
それとは別でOPの「http://asin:B01KJFAHOEアシタノツバサ」は良かったな。特にサビのところは、声自体は張り上げていないのにメロディーラインと転調がとてもいい味を出していた。なので石田曜子さんについてはずっと良い仕事をしてもらえている。