表現規制反対の動き

1. 規制反対のための団体
山田太郎参議院議員が中心となって動いている「表現の自由を守る会」。
サポーター募集中。団体として「所属する人数が多い」というのは政治の世界ではかなり有効。関心があればぜひご検討を。
hyogen.jp
より積極的に支援、情報収集をしたい方はこちらのオンラインサロンも併せてご検討を。
synapse.am

2. そのほか支援団体
政治家へのロビイング活動や、啓蒙活動に動いていただいている団体2つ。できれば活動資金の支援を。
コンテンツ文化研究会
うぐいすリボン


表現規制反対」については「この党にすればOK」というのは未だにない。「規制反対」を標榜している候補者と、党の方針を照らし合わせて、自分の考えに近い人に投票するのが正解に近い。(大政党だと党議拘束が強すぎて、反対の声が出せないというリスクもあるけど)

バジリスク ~桜花忍法帖~

今期開始分。本家、超えられるか?
原作未読、ただし前作バジリスクは漫画・アニメ・小説(山田風太郎)読了。ベースとなった作品が、原作アニメともたいへん素晴らしい出来だったので、それを翻案にして作成したこれがそれを超えるのは極めて難しいと思う。というか、なぜスピンアウトを作ろうとしたのか…。
アニメ第一話を見た感じでは、今ひとつつかみが弱い。ベースのバジリスクは最初から「殺し合い」が明確に見えていたから、視聴する方もその覚悟でできたけど、どうもこちらはその辺りの追い詰め具合が弱腰というか。現時点で言えることは、「せめて前作の8割位は届いてくれ」ということくらいだろうか。

刻刻

今期開始分。思ったよりハードだった。
キャラデザを梅津さんがやっていたのでチェックした作品。OPとか見ていて、今監督の「妄想代理人」とかを彷彿としてしまった。
キャラ配置が嫌に現代社会の下層をリアルに再現しているのがまた心に痛い。超能力?はあるけども、その力も1話にして容赦なく「特別なものではなくなる」という展開だし、着地点が見えてこないという点でもこの先が楽しみで仕方がない。まあ、かなりの流血アニメにはなるんだろうと思うけど。

続 刀剣乱舞-花丸-

今期開始分。料理をする方の刀剣男子。
ゲーム未プレイ。個人的にはufoのちゃんと戦う方の本丸のほうが好きなんだけど、こっちも嫌いではないので二期も見る。推しが(たとえ画面端でも)出てくる確率はこっちのほうが圧倒的に高いから、実際にプレイしている審神者にとってはこちらのほうが嬉しいのかもしれない。

カードキャプターさくら クリアカード編

今期開始分。リアタイ視聴は初。
原作未読。昔放映していた当時も存在は知っていたし、これで二次ロリにころんだ人多数ということも知っていたけど、自分は見ていなかった。どちらかと言えば、エロ同人の題材で多かったなあ…というのが最初の印象だったりする。まあ一時期は主演声優が廃業して変にスピリチュアルな方向に行ってしまって「もう二度と無理」なんて言われていた時代もあったので、それを考えるとこの新シリーズはある種奇跡とも言えるかもしれない。
最初から前作からのつなぎとはいえ、「彼氏付きのヒロイン中学生」がどこまで今の視聴者に訴えられるのか、あるいはロリ転向者を生むのか(小学生じゃなくて中学生だけど)、そっちの方向でも興味は尽きない(おい)。

BEATLESS

今期開始分。メカ娘バンザイ。
BEATLESSって、メカであるために心臓が無いという意味や、いわゆる「ドキドキする」というのも無いという意味をかぶせて付けているんだろうけど、人口創造物ロボに愛情等の感情をぶつける作品としては「イブの時間」などの名作もあるわけで、それをこの作品ではどう料理するのか、がポイントなのか。
まあこのアニメを見ることにしたのがキャラデザよりも参加しているスタッフの豪勢さなので、SFとして面白い作品にしてもらえることを期待している。

刀使ノ巫女

今期開始分。期待しすぎたか。
原作未読。実在の刀剣&剣術ということで期待してたんだけど、なんかそれは単なるフレーバーでしか無いようでがっかり。さらに第一話が視聴者置いてきぼりにもほどがある展開で「なにこれ」というのが正直な感想。もう少し脚本練った方がよくない、これ?
あと試合時の生死をなくすために「写シ」と「迅移」というギミックを作ったんだろうけど、正直コレのお陰で実在剣術の意味合いもかなり薄くなってしまった。だって、この2つ超絶チートであって、剣術がどうこういうレベルではないもの…。なんだかなあ。