表現規制反対の動き

1. 規制反対のための団体
山田太郎参議院議員が中心となって動いている「表現の自由を守る会」。
サポーター募集中。団体として「所属する人数が多い」というのは政治の世界ではかなり有効。関心があればぜひご検討を。
hyogen.jp
より積極的に支援、情報収集をしたい方はこちらのオンラインサロンも併せてご検討を(2018/10頃に閉鎖予定)。
synapse.am

2. そのほか支援団体
政治家へのロビイング活動や、啓蒙活動に動いていただいている団体。できれば活動資金の支援を。
コンテンツ文化研究会
うぐいすリボン
AFEE エンターテイメント表現の自由の会

表現規制反対」については「この党にすればOK」というのは未だにない。「規制反対」を標榜している候補者と、党の方針を照らし合わせて、自分の考えに近い人に投票するのが正解に近い。(大政党だと党議拘束が強すぎて、反対の声が出せないというリスクもあるけど)

ルパン三世 Part5

素晴らしきナンバリングルパン、ないしは最高のファンムービー。
夜のゴールデンや年一のスペシャルアニメの内容に辟易してアニメルパンから離れてしばらく経ち。トムスが「原点回帰して原作に近い内容をやる」と聞いた時には半信半疑。そして放映された内容は色々思いはあったものの、それまでの子供だましよりははるかに良かった。そして劇場版も作って満を持しての正式ナンバリング「Part5」。
いや…まさかここまでがっつりやってくれるなんて想像もしていなかった。随所に「過去作を知っていればにやりとできる演出&セリフ」を入れておきながらも、それを知らない新しい世代にあてつけがましくないレベルに抑える程度。時間帯を気にしての「子供ごっこ」な演出は抜きにしたルパン三世らしい様々な見せ場。使用されるBGMも過去作で使用されたテーマがまあ多いこと多いこと。カリ城のテーマなんて何回使われたことだろう…そして、まさかその場所が再びアニメで見られることは想像すらしていなかった。それに最終話の「あの」シーン。アニメでアレをやったのは今回が初めてというけど、それをするだけの覚悟と価値がこのアニメにはあったと思う。
現代IT環境でルパンはどうするのか、がテーマの一つだったという。実際、ルパン三世のファンはみな色々妄想していただろう。そしてしっかり本作は一つの答えを出してくれていた。少なくとも、これでルパン三世の寿命は20年は確実に伸びたはずだ。
唯一心配といえば、過去作を網羅して本当の切り札までやってしまった本作の続きを、トムスが作ってくれるのだろうか、ということだろうか。峰不二子の声優沢城みゆきさんが産休&育休に入るともいう。クリカンルパンもすっかり堂に入ってきているし*1、数年したらぜひ新しいルパンを作ってほしい。

*1:最初のころは「おちゃらけルパンの真似しかできなくて、シリアスシーンどうするんだよ」と何度思ったことか…

THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆2nd SEASON

DMM VR THEATERという3D専門劇場でのアイマス公演…というより、律っちゃんが主演ということでチケットを取って見に行った。
事前に3Dのシステムを確認してたので「初音ミクライブのアイマス版かな?」という想定で見始める。最初の印象は「等身大と聞いてたけどキャラ小さくない?」だった…そしてその疑問はのちの演出で見事に氷解。ちゃんと等身大であったことが確認できた。そうか、こういう舞台システムだとそういうこともできるんだ、と新鮮な驚き。ダンサーの方も三つ編み&眼鏡で固めていて「うんうん、そうそう」と満足していた。
しかしまあそんなことがおまけになるくらいの驚きが「リアルタイムのモーション描写」。あるとは思っていなかったトークタイム。まあ、初音ミクの時と同様にそれらしく見せて、客席側もそれにノッてあげるもんかなあと苦笑いしていたんだが…どうにも客席側の動きへの反応性が良すぎて「あれ?、ちょっとまて」と。あげく客席のPとマジ会話を開始してもはや「どうやってるんだ、これ!」とそのシステムに興味津々。普通に考えれば、別部屋でモーションキャプチャーした動きをそのままLEDviewに映しているんだろうけど、じゃあ声の同期性はどういうことよ…。素直に考えれば、秋月律子の中の人=若林神がキャプチャースーツを着込んで、ヘッドセットマイクつけて、会場に設置されたカメラ映像を見ながら動いている…と考えるのが自然だけど、普通出来るか、そんなこと?
…が、ともあれマジのリアルタイム律っちゃんとの会話成立に長年のPとしては感動を通り越してしばし放心状態。正直チケ代高いなあと思っていたのがすっかり吹き飛んだ瞬間だった。
そうそう、あととあるシーンで「どっちの衣装がいいですか?」で今日が誕生日だった某961なライバル衣装が出てきてそれ以降のやり取りが最高に笑えた。そーいや、朝にミリシタやったときに黒板に誕生日おめでとうが描いてあったけど、まさかこういう形で見ることになるとは思わんかった。
ともあれ、予想を上回る内容で1時間があっという間だった。選曲も古参の765ASにも優しかったし。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

過去作視聴。この違和感はなんだろう。
原作未読。アニメ作品としては可もなく不可もなく。ただ主人公たちが「ピトさんぶっ殺す」と物騒な発言を連発するところが、なぜか気にかかった。人死にや戦争系の似たような作品はいくらでもあったし、それを見てもこれほど強い反発?警戒?はなかったんだけど。作品がどうこうというよりは、「子供が見ていたらスイッチ切っていた」というような感覚。
おそらく「オンゲー上=架空世界」にかかわらず「明確な殺意の表明」ってのが違和感の正体なのかな。戦争作品なら「戦死は前提」、また架空でも「リアルな死に直結する理由付け」があれば無意識に納得していただろうけど、本作は「絶対にリアルで死なない」「単なるゲーム」と言い切っている中で、明確な殺意を主人公が持ち続けているところとか。(うーん、うまく言葉にならんなあ)
まあ基本的には「銃マニアが作った銃をぶっ放すだけの作品」に「無理やり小説としての体裁を整えただけ」ともいえるので、それを考えると深く考えるのも意味がないんかもしれないけど。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

過去作視聴。最初の期待値は高かったけど、最後は盛り上がり不足かな。
最初のころはポストエヴァをやるつもりかな、と思っていた。まあそれは間違いではなかったけど、最終章で「トップをねらえ1/2」まで入ってきたのはさすがにやりすぎかなあ、と。まあ、それらを下敷きにして不足していた隙間の物語を一歩踏み込んで追加したのが本作かな、とは感じた。
002と016のつながりの物語までは良かった。それがひと段落して、「さあいよいよ世界設定編かな?」と期待していた。けど、それが一話使って説明して終了、さらにそれ自体をひっくり返すようないわば「後だし設定」(宇宙侵略)が出てきて、さすがに「いくら何でも唐突すぎないか」と。風呂敷が畳み始めるかなと思ったら、実はその外側にもう一枚風呂敷がありました、というのはサプライズの方法論としてはアリなんだけど、やっぱりその使い方はかなり慎重にやらないとダメだったかな。
とはいえ、話自体は嫌いではなかった。エヴァ以上に現在の思春期の文脈に突っ込み、さらにその成長後の話もしっかりと描いた部分は、いわゆる「歯がゆさ」がなくて素直に見ることができた。さらに「大人」とは、という部分も描けていたのはエヴァで言及できなかったことだったのでそこは評価したい。

コミックマーケット94

無事に三日間終了。幸いにして、ここ数週間の地獄の猛暑が少しだけ収まってくれていろいろ助かった。とはいえ、しっかり対策をしていった結果ともいえるけど(もう若さだけで乗り切れる年齢ではないし)。
しかし今回は金額抑えられたと思っていたのに、帰宅後に三日間の合計金額を出してみたら…あるぇ?どこで間違ったんだろうか。

はねバド!

今期開始分。よし、これは当たりのガチアニメだ!
原作未読。アバンの時点で「バド民勢が語りたくなるような雰囲気」「アクションと音がしっかりしている」、本編でも嫌というほど細かくキャラを動かし、テンプレート化しているキャラの立ち姿や座り姿すら特徴を出している。専門分野的な意味での「ガチ」と、アニメ=動くものという意味での「ガチ」さがそろっている点でかなり期待できそう。OP時点で「アクションアニメーター」を三人準備していることを表明している時点で、その覚悟があることを宣言していると思いたい。アクタス使っているということはCG処理にも期待できるし、取材協力にも協会・スポーツメーカー・たぶんバドミントン強豪勢(社会人・大学・高校とそろっているのがまた・・・ただ埼玉栄は部活全般強豪のところだけど男子校だったような記憶があるけど)が入っていて気合の入り方が分かる。
いやまあ、展開としてはちょっとしたテンプレートではあるんだけどね。雰囲気の暗さと重さは、個人的には大正解。今のトレンドは「最初はお気軽に」なんだろうけど、最初から「そんなん知ったことか!」とこういうのを見せてくるのも大好物。「ガチ過ぎて怖い」とか言う軟弱勢には、その意見をねじ伏せるレベルで動きと描写を継続して欲しい。制作陣はぜひぜひ頑張ってくれ。
バドはテレビで大会しているのを見てたりした程度で、詳細は分からないのだけども、ガルパンにおける戦車ファン、ウマ娘における競馬ファンと同様に、バドミントンプレーヤーが語れるだけの内容であればうれしい。というか、そういう人たちが色々専門的に語ってくれるのを見るのが楽しいんだよなあ。頼むから失速しないでくれよー。
あ、しょっちゅう画面に映りこむ「Yonexロゴ」はもはやギャグの領域に入っている気がするんだが、どーなんだろうなw