規制論

表現規制反対と都議選

明日は都議選投票日。 東京の議会選挙が「表現規制反対」にも大きな影響がある理由は以下にある。 出版社の多くが東京に存在するため、国が規制しなくても東京が規制すれば「水道の元栓を絞められた状態」になって、事実上全国規制になる。 都議選の結果は、…

うぐいすりぼん主催「山田太郎のインターネット政治哲学」

場所は文京シビックスカイホール。ここは都条例の時にもコン文さん主催の公演やらセミナーがあって数回通ったことがある。 さてテーマとしては、今回ネット選挙で大成功をしたとされる山田太郎さんによる「インターネットと政治」についての講演会…だけどま…

東京都知事候補に、かつての「都条例」時代に推進派の一角が…

竹花豊氏が、自民推薦で東京都知事候補に手を挙げたそうだ。彼は、都条例の仕掛け役たる警察官僚の一人で、その当時から熱心な規制推進派だった。今は東京ビックサイトの社長に収まっているが、この時も「彼がコミケをつぶすのでは」と本気で警戒されたほど…

表現の自由を守る党 第1回党大会

都条例以降いろんな政治家の話を聞いてきたけど、「党大会」という規模のものは初めて。ニコ超で少し疲れた体をひっぱって駅前の開場に。直前に「おおさか維新に入党した、と思ったら2日で除名された」というのがあって、そういう意味でも期待をしていたのだ…

[政治]山田太郎議員、軽減税率の皮をかぶせた表現規制を国会で指摘、撤回させる

前参議院議員 山田太郎 昨年末に出てきた「書籍出版物から有害図書をなくしたら、新聞以外にも軽減税率つけるぜ」という恐ろしい話。これを先日山田太郎議員が参議院予算委員会で追求して、結果的に「今国会では見送る」ところまで一気に持って行ったという…

軽減税率と表現規制

表現規制界隈では、昨年も色々と動きがあった。どちらかといえば、本当に珍しいことに規制反対派にとっては少し嬉しい年だったとも言える。一つは、「児童ポルノ法案での二次元創作規制を実質的に排除」、もう一つは「TPPの著作権非親告罪について、二次創作…

TPPと知財交渉

もともと「知財関連は農業分野の生贄」と思っていたし、その農業分野も選挙の時の勇ましい発言内容からははるかに後退している雰囲気もあって、TPP自体はごく一部の企業以外は被害しか無いと思っている。個人的には、知財関連でアメリカ主導の内容になれば、…

Twitterにて人気イラストレイターや同人作家の垢BANがあったらしい

この件で「表現規制」に興味をもった若い人がいたら、まずはその意識を持ち続けて欲しい。選挙権が18歳まで下がった意味も合わせて。 twitterのTL眺めていたら「大槍さんのtwitterアカウントがBANされたらしい」「他にも一斉にだめになった同人作家もいるら…

「絶歌」議論について思うこと

あの酒鬼薔薇聖斗本人がかつての事件を思い出しながら書いたという一冊。内容はネットでいくつか出ている感想や一部記載の違法画像等で少し見た程度。興味はあるんだが、「実名ではない」「印税の行き先が遺族ではない」の2点で読む予定は今のところない。…

AFEE エンターテイメント表現の自由の会

AFEE エンターテイメント表現の自由の会 表現規制に対する活動は、これまであくまで個人的な範囲で実施していて、必要に応じて表現規制反対団体や児童保護支援団体に寄付を行っていた。しかし結局それだけでは政治に対する力にはほど遠い事も理解していた。A…

表現規制と「関心を持ち続けること」

人権擁護法案や都条例・児ポがらみの表現規制で、興味を持って政治を追い始めて気が付くと10年近く(!)。あの頃に「このテーマは超長期戦だから、適度に休みながら追いかけろ」「とにかく関心を持ち続けること。これだけでいい」と先達に言われたことを今…

児童ポルノ法改正案、成立確実?

「二次元大勝利じゃないよ!!果ても見えない広大な戦域で繰り広げられてきた数多の敗戦の中で、僅かに掴んだ一つの局地戦の勝利でしかないよ!」 表現規制との戦いという観点で言えば、先達の皆さんが積み上げてきた物の成果がほんの僅かとはいえ達成できた…

ずっと表現規制に反対すること

二日目の帰り道、臨海副都心線・国際展示場駅前でみんなの党の山田太郎参議院議員が、表現規制に反対する演説を行っていた。ビラまきをしていたけど、なかなか受け取ってくれる方は少なかった。とはいえ、こういう場所で「そういえばそんなことを言っていた…

秘密保護法、可決

法というのは、文章が全てだ。成立させた政治家が美辞麗句を並べ連ねても全く意味が無い。その法を扱うその時の政治家が文面を「上手いこと(または都合よく)利用」するだけだ。だからこそ、議論が必要なのだ。 ということは、人権擁護法案/青少年健全育成…

2020年オリンピック、東京決定

今回のオリンピック招致競争はかなり引いていたので、なんというかこの結果は残念。東北復興を掲げながら、最終プレゼンまで必死になってその被害から目を背けようとしていたことや、結局自分を魅せることを最重要視してた猪瀬都知事にも正直辟易していた。…

児童ポルノ法案に対するパブコメ

5/8(水)が提出締め切り。児ポ法改定に危機感を覚えている人は、PDFを読んだ上で一言で良いから送るべき。議員さんに陳情しない限り、直接声を届けることが出来る機会はこれが最後。 http://www8.cao.go.jp/youth/cp-taisaku/bosyu/iken-haijo2.html パブコ…

安倍自民党が「児童ポルノ法案改正案」を提出か

日経で記事になっているようだ。もともと安倍首相はアグネスがすごい好きとか仲がよいとか言われていて、自民が大勝したら何度も退けてきた児ポ法改悪が最悪の形で前に進むのではないかと言われていたけど、このタイミングでもう進むとは…規制側のロビイング…

都知事選と衆院選、そして表現規制

おおむね結果が出たか。 都知事選 結局猪瀬氏の圧勝か。MXのニュースを見る限りでは、石原都政への賛成・反対はほぼ真っ二つだったから、結果だけ見ると矛盾している。ということは政策よりも知名度の勝利だったと分析。個人的には、猪瀬氏に政治家ができる…

(帰ってきた)非実在少女のるてちゃん

舞台劇は「生き物」であると思い知った。「再演」と聞くと、オタク的には「再放送」と変換されて「同じ事やるんでしょ?前に見たよ」と思いがちだったが、人間が生で演じる舞台劇。2年間という時間は伊達ではなかった。前回との相違点より同一箇所を見つける…

モバイルゲームのコンプガチャ規制と表現規制運動

GW中に「消費者庁が問題視して、休み明けに関係会社に通達する」なんて情報が出て大騒ぎになったけど、現在の所「この記事は新聞社の飛ばし記事であり、消費者庁はそういうことに関心を向けている程度だった」という所まで話が進んでいる。これを聞いてホッ…

京都府、児童ポルノ「単純所持廃棄条例」を可決

http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011100401000770.html 京都府議会/委員会活動 府民生活・厚生常任委員会 今の京都府知事は、選挙当時に「日本で一番厳しい児童ポルノ法を作る」と公約して当選した方。ただ同時に「創作物は除外する」とも言っていた方。…

児童ポルノ法改正案と人権擁護法案の復活

久々に規制絡みのネタを少し。個人としては(波はあるけど)この手の情報はずっと継続して追いかけているけど、諸事情でなかなかここに書いているヒマがない。twitterで呟いてしまうと、ブログに書き上げる気力が薄れがちだし。 児童ポルノ法改正案 毎度のご…

アナログ放送停波

本日昼12:00をもって、一部異地域を除きアナログ放送が終了。 自分個人としては、この件はあまりに政府と業界が強引&ごり押し過ぎてあまり賛成ではなかった。確かに画像は綺麗になるけど、ぶっちゃけその程度のメリットしかない。データのやりとりが…なんて…

都条例、本日本格発動

多くの議論や懸念を蹴り飛ばして施行されてしまった東京都の青少年健全育成条例。それが本日正式発動。嫌だと言い続けてもその日が来てしまったのは事実である以上、これまで以上に警察や行政、関連団体の動きに注視していく必要がある。少なくともあれだけ…

青年誌・少年誌向けエロと成人向けエロの違い

少し前に規制関連で話題になった「あきそら」を三巻までゲットしたので読んでみた。あきそら 1 (チャンピオンREDコミックス)作者: 糸杉柾宏出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2008/12/19メディア: コミック購入: 13人 クリック: 425回この商品を含むブログ (…

漫画・アニメ・CG等のサイトが児ポ対象として(一時的に)ブロッキング対象に

http://blog.esuteru.com/archives/3196867.html 過剰ブロッキング/「ふたばちゃんねる」が児童ポルノサイト認定されブロックキング - カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記 先行実験として「児童ポルノサイトへのブロッキング」が現在実施さ…

状況整理

私的なメモ。 ネット規制進行中。しかも、礼状なしでのサーバー差し押さえ等のかなり強権的内容。 東京都条例の本格施行は7月から。それに向けて出版者側はすでに過剰な自主規制(一部は7月までに連載終了まで)に走っている。 都条例論争の際に一種の監視機…

とある作品の断末魔

あきそらは、近親相姦をモチーフとしていたがゆえに重版禁止のお達しを受ける - Togetterまとめ チャンピオンREDで連載されていた「あきそら」という作品がある。「赤い核弾頭」と称賛され、都条例絡みでターゲットの一つになっていたRED作品らしく、その内…

これからの反対派は

実はやることは変わらない。反対派が最終的な目標とするべきは、「恒常的かつ一般的な゙表現規制への警戒&嫌悪感゙の醸成」だ。つまり「そういう空気をつくる」こと。勿論長期戦。 短期的には規制関連法案への反対だけど、それだけだとあっという間に息切れし…

都知事選は石原氏の四選

石原氏の四選かあ…。震災絡みでまともな選挙戦にならない段階で現職有利は確定していたので、そう言う意味でのショックは少ないけど、個人的に石原氏の政治手法はうんざりしてたので残念。とはいえ、最終投票率が50%を切ろうという状況では、自民&産業界と…

都条例に対する業界側の反応(のひとつ)

(0ページ目)ついにロリマンガ消滅へ 業界団体が示した「自粛案」の苛烈さ - 日刊サイゾー くるくるまわれ 出版業界の漫画自粛案への意見・苦情のお願い サイゾーの記事なのでどこまで信用すべきかは悩むところだけど、記事署名の「昼間たかし」氏はずっとコ…

東京都都知事選挙

マスコミ調べでは石原氏の圧倒的勝利という方向みたいだけど、前回投票でも石原氏への投票率は30%を切っていたらしい。石原氏の票田は「自民&業界筋」と「公明&創価学会」というもの。組織票は投票率が下がれば下がるほど有効に働く。逆に、投票率が上がれ…

東京都知事選スタート

都条例対応と「都と都民」をどれだけ見てくれるのか、ということを最大のポイントとして見ていく予定。個人的な注目は以下の三名。 石原現都知事 都条例を抜きにしても、都民や都を見ずに自らの持論を元に国に文句を言うためだけに居座る態度にはもはやうん…

大坂で青少年育成条例改正案が可決

大阪府議会/平成23年2月定例会議案審議結果(平成23年3月16日)(知事提出議案No.79) 大阪府/大阪府青少年健全育成条例の運用 「大事件で耳目がそちらに集中しているうちに、こっそり他の法案を通す」とか「別の大事件・事故を隠蔽する」というのは政治や…

都知事選から、松沢神奈川県知事が脱落

なにこの出来レース。これで東国原元知事が立候補を辞めたら、完全に茶番じゃねえか。正直、今の石原都政は色々な意味で危険すぎる。たまには良いこと言うこともあるが、それらの大半は根拠があるものではなく、個人の感情を都知事の言葉として載せているに…

石原慎太郎、都知事選に立候補決定

…まあ、こういう人だからねえ。この人の都政を全て否定する気はないけど、基本的にもう”老害”の域に達しているのは間違いない。それに、その強引な手法はもう我慢できない。

東京都知事候補の青少年健全育成条例に対する姿勢

3/8のエントリを少し修正。こう見ると、主要候補の多くは「規制推進派」ばかりという事実に驚愕する。まあ、おそらく推進側のロビー活動の成果だろうとは思うけど。反対する人は各候補に声を届けていかないと、誰が当選しても色々まずいことになってくると思…

東京都知事候補と「表現規制」

現状把握している限りのことを羅列。ただ、どの候補者を見ても「東京都知事の椅子を利用して、国に一言物申す」ということばかりで、「都民のために」を第一義としてくれる候補がまるでいないのはどういう事だ。国に喧嘩を売りたいなら、都知事じゃなくて国…

児童ポルノ法改悪の動き、再び

アグネス・チャンを中心とした日本ユニセフが、再び国会に児ポ法改定の攻勢を仕掛けてきた模様。一つは署名活動、一つは国会への働きかけ。 少なくとも署名についての日ユの動員力は、都条例時の労働組合連携を見てもとんでもないものなので、笑って流すわけ…

今年一年を振り返って

まとめがまだ出来なくてゴメンナサイ。なかなかまとまった時間が取れない…。 ただ、今年は都条例に関連して「オタクと政治」ということを勉強させてもらった一年だった。以前に人権保護法でも動いたことはあったけど、今回程には継続的に勉強したわけではな…

東京都青少年健全育成条例可決について

残念ながら可決してしまった。悔しいの一言。ただ、多くの反対の声が上がったことと、政治に無関心だった青年層が興味を持ち始めた点は不幸中の幸いだと思う。 この条例は「漫画アニメの性描写規制」「表現規制」だけが問題と言われているが、事ははるかに深…

都条例と地方への拡散

都条例については明日正式な答えが出るので、その後に改めて考えをまとめたいと思うけど、ひとまずこれだけは書いておく。 都条例問題の本質の一つは、「前回継続審議となった原因をまともに検討せず、審議時間も検討時間も取らず、賛成署名の三倍もの反対署…

都条例終盤の動き

各所で情報が出始めているけど、都議会民主党としては「付帯決議付での賛成」になる見込み…というのが一番確度が高い情報らしい。今日の『笑の内閣』でも都議が「ただ、民主主義は数の論理ですから…」と発言していたのもこれが分かっていたからだからなのだ…

非実在少女のるてちゃん

waraino_naikakuのホームページです。 第11次笑の内閣 非実在少女のるてちゃん 行くかどうか迷っていたけど、土曜の昼にUstで再放送していたのをちょっとだけ見て行くことに決めた。ちょうど、都議会民主の反対派機首の吉田都議も劇に出るという話もあったし…

都条例、未だ旗色悪ろし

関連団体から色々声明が出ているのは心強い。ただ、彼らは政治的影響力が弱いし資金力もない。築地移転だって継続審議にしたかと思いきや、閉会期間に都知事が暴走して強制的に移転を決定したくらいなので、油断はまったく出来ない。(これと都条例が通った…

都条例詳細が判明

山口弁護士を中心とした有志の皆さんが条例文をあちこちに公開中。 PDFだけならば、こちらで。さらに前回差分や意味をざっとでも確認したいならGoogle文書で公開されている物がよろしいかと。こちらは変更点や追加点を色違いで、さらに山口弁護士による注釈…

都条例の状況

新聞紙上で「民主も内々で同意した」とか条例案の内容が出ているようだが、公式としては「法案の公開は22日(遅!)」で、民主党としての方針も決定していないという情報が流れている。実際問題、民主党内部がどうなっているかはよく分からない。法案反対議…

東京都都議会、青少年健全育成条例再提出と「反対派の活動方法」について

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20101116-OYT8T00246.htm?from=navlk 国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ 【飛ばし?】都の漫画規制条例、修正案を再提出へ “Œ‹ž“sÂ­”NŒ’‘Sˆç¬ð—á‰ü³–â‘èi”ñŽÀÝÂ­”N–â‘èj‚̂܂Ƃ߃TƒCƒg 注意すべきは…

「実在青少年問題を考える−私達に何ができるのか?−」に行ってみた。

コンテンツ文化研究会 / Institute of Contents Culture: 「実在青少年問題を考える-私達に何ができるのか?-」開催のお知らせ 文京シビックホールには数回脚を運んだことがあったが、「スカイホール」はその存在を含めて初めて。その名に恥じぬように、最…

神奈川県青少年保護育成条例の改正

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seisyonen/jorei/kaisei-gaiyo.htm 色々物議を醸してきた神奈川の青少年保護育成条例が可決されたらしい。上記HPとPDFの内容を見る限り、事実上規制推進派(というより純潔教育派)の主張がまるまま通った感じがする。 …