残響のテロル

過去作消化(2014年)。女性キャラはいらなかったかも。 確かテロリズムの方法論をセキュリティの専門家に聞いたうえで作劇したと聞いた記憶がある。初期はそんな感じで、主人公と警察側の知能犯罪(2014年なら、まだDeath Noteのフォロワーが多かったはず)…

胸の激痛で目が覚める

早朝の4-5時ごろに、突然みぞおちの下あたりの激痛で目が覚める。そしてそのまま腹に広がり、腹痛・発汗・体温上昇・吐き気といういつもの展開。ただ、いつもなら「立ち食いそばで古い油で揚げたであろう分厚い天ぷらそばの天ぷら」を食った後に時折起きるこ…

今期開始アニメまとめ

まさかの二日連続始発帰宅なんて状態になってしまったので、ひとまず現時点で見れた今期開始アニメの感想を簡単に。 エロマンガ先生 原作未読。「おれ妹」が実の兄妹でやってしまったので、とりあえず血縁なしにしてみた、というところだろうか。キャラは可…

グランブルーファンタジー

今期開始分。予算の使いどころは正しいか。 ゲーム未プレイ。とはいえソシャゲ界隈では有名なので試しにと見てみた。ゲームをやっていないのでキャラへの思い入れはゼロのせいか、物語の印象は正直薄い。それなりに予算はあるはずだが、その大半がキャラ描写…

フレームアームズ・ガール

今期開始分。15分×2アニメではなく、5分アニメにした方が良かったのでは。 元ネタ未プレイ。ここ一年ほどでこのシリーズを寿屋がやっているのは横目で見ていたけど、まさかアニメ化するとは思わなかった。というか武装神姫とか言っちゃだめなんかな。いくつ…

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場

今期開始。薄かった。 原作ゲームプレイ中。よくわからんけど、ソシャゲの4コマ漫画のいくつかをピックアップしてアニメにした感じ。特に内容もなく、「とりあえずアニメにしておきました」的なものでしかない。まあファンが見て、すぐ忘れるような感じなの…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

今季終了第4弾。おおむね予想通り。 長井龍雪と岡田麿里の組み合わせでガンダムを作ったらどうなるか…答えは、二人の作家性は全くぶれていなかった。ヤクザガンダムなんて揶揄もされていたけども(いや、実際その通りなんだけど)、基本的にこの二人は「ある…

アリスと蔵六

今期開始第1弾。面白い関係性。 原作未読。作者名はピンとこないけど、このキャラデザと以外にシビアな世界観は昔何かの漫画で読んだことがある(おそらく作風からしてアフタヌーンあたり)。てっきり超能力バトルかと思いきや、頑固爺と高飛車娘という組み…

幼女戦記

今季終了第2弾。続いてほしいな。 原作未読。一応今期のミリタリー枠で見ていた。とはいえ、純粋に武器や武装を見るつもりだったけど、実際には戦略級SLGの盤面が見えている戦術級SLGの様相を呈していたわけで、これはこれで面白かった。なにより、歴史知識…

けものフレンズ

今季終了第三弾。奇跡のバランス。 原作ゲーム未プレイ。「IQが溶ける」という評判を聞いて「日常癒し枠で評判なら見ておこう」と思って確か第4話あたりから見始めた気がする。で、「低予算・少人数」を容易に想像させるフルCGと、確かにのほほんとしたてい…

亜人ちゃんは語りたい

今季終了第1弾。おお、ほんわか終わった。 原作未読。どういう展開になるんだろうかと思ったけど、存外当たり前のアプローチで物語が終わった。まあ本作の場合は「当たり前」は「安心」に連なる要素なので悪いことではない。最終話で先生がはっきり言ってい…

初音ミク×鼓童スペシャルライブ

kodo-miku.com ミクは知っていて肯定的だけどさほど興味もないように思っていた友人が「チケット余ったけどどう?」と言われたのがこのライブ。もともと鼓童のライブはいつか見に行きたいと思っていたので渡りに船で友人と連れ立って見に行く。前にミクの公…

異世界落語(1)

異世界落語 1 (ヒーロー文庫)作者: 朱雀新吾,深山フギン,柳家喬太郎出版社/メーカー: 主婦の友社発売日: 2016/05/30メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る本屋に寄ると、新刊用の場所整理としていつものように何らかの本を並べてあったが、そこに…

ガルパン大洗ツアー:初日

友人らに軽い気持ちで「大洗でガルパンツアーで、ついでに本場のアンコウ鍋食わないか?」と振ったらあっさりとOKが出て、しかもそのうちの一人が車を出してくれるということで、泊りがけツアーが10分で決定。「イベントもないはずなのに、土日どころか平日…

ガールズ&パンツァー劇場版Variante(1)

ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)作者: 伊能高史,ガールズ&パンツァー劇場版製作委員会出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/01/23メディア: コミックこの商品を含むブログを見る表紙でずいぶん損をしている。内容…

亜人ちゃんは語りたい

demichan.com 今期開始八弾。印象と違った。 原作未読。本のジャケットを見た限りではさほど食指は動かなかった。いわゆる亜人やモンスター娘系の作品が増えてきているので、まあそういうものだろうと安請け合いをしていたせいもある。だけど少なくともアニ…

昭和元禄落語心中-助六再び編

rakugo-shinju-anime.jp 今期開始第七弾。うんうん、期待通り。 前期視聴済み。年月展開の速さには驚いているけど、一定上の年齢を重ねてしまうと、数年はあっという間に過ぎ去ることだからねえ。姉さんの子供という存在がいなければそういう時間経過すらわ…

幼女戦記

youjo-senki.jp 今期開始第六弾。想像通りとそれ以外。 原作未読。今期のミリタリー枠のつもりで見ている。いわゆる「出版社主導のなろう系」出身で、人気を得るまでは作者の責任で、人気が出てから労せず上がりをゲットするという奴隷的方法論で生まれた作…

あいまいみー~Surgical Friends

アニメ「あいまいみー〜Surgical Friends〜」公式サイト 今季第五弾。狂ってる(知ってる)。 前作視聴済み。ワーッと見て、ワーッと笑って、しめやかに削除する。これがこのアニメの視聴方法(おい)。というか、地味に本作のOPでマーティー・フリードマン…

CHAOS; CHILD

chaoschildanime.com 今期開始第四弾。再放送と勘違いした。 カオスヘッドは視聴済み(ゲームは積み)。正直、1話録画を見始めて「あれ?これ、見たことあるよな」とすぐに一時停止してしばらく放置。ある日思い出して続きを見て「あ、そういうことか」と。…

AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-

akibastrip-anime.com 今期開始第3弾。ゲームプレイしないとなあ。 原作積みゲー。確か1も2も買ったんだけどそのまあ。気が付くと2の改版修正が近日出るんですか…いやはや(苦笑)。キャラデザはゲームから一新しているけど内容が内容だし、むしろこの見せ方…

リトルウィッチアカデミア

tv.littlewitchacademia.jp 今期開始第2弾。triggerらしい。 過去作未視聴。色々話題になっていたので気になっていたのは事実だが(もともと短編で、クラウドファンディングで海外の支持により続編新作を作ったとか)見る機会がなかった。画面の端々から「あ…

チェインクロニクル ヘクセイタスの閃

chronicle-anime.com 今期開始第一弾。真マジンガー形式*1かと思いきや。 原作プレイ済み(最近ログインしてないけど)。正直言うと「過去にプレイしたゲームのアニメ化だから見ておくか」程度のつもりだった。で、第一部最終決戦でクリアした後の物語なのk…

響け!ユーフォニアム2

今季終了第10弾。bravo! 元ブラバン小僧としては文句のない出来(あえて言えば俺の担当だったパーカスにもフォーカスが欲しかった…)。そしてただでさえきれいな映像に重ねて、女の子の細かいしぐさや部位焦点拡大の方法(腰から太ももライン、絶対領域が好…

ブレイブウィッチーズ

w-witch.jp 今季終了第9弾。SILVER LINK.の超手抜きアニメだった。二度と関わらないでくれ。 過去作視聴済みにしてシリーズの大ファン。そんな自分の中における本作の意義は「ワールドウィッチーズシリーズの命脈を保った」「陸戦ウィッチの公式化」の二種類…

舟を編む

今季終了第8弾。少し目から鱗の物語だった。 いつものノイタミナ枠として見ていたけど、「辞書を作る」ことに時間軸を据えて、そこにキャラをぶら下げる手法はなかなかに興味深かった。辞書の編纂はなーんとなく知ってはいたけど、こういう形とはいえそれを…

バーナード嬢曰く。

今季終了第7弾。続きが見たい。 原作既読。原作者の要望でキャラはアニメ用に可愛くリファインしたようだけど、正直それを抜きにしても十分に面白かった。特に神林のキャラ立てがいい塩梅だったように思う。そして一応本読みな自分にとって色々耳の痛いアド…

WWW.WORKING!!

今季終了第6弾。なんかあっさりとくっつくな。 原作未読。1クールで、かつスピンアウト作品ってだけあって、基本的には眺めて終わるだけの作品だった。いや、正直主人公と先輩が「付き合わない」エンドもあってよかったと思うんだけど、なんかあれやこれやと…

文豪ストレイドッグス 第2期

今季終了第5弾。前半は必要だったのか。 原作既読。すぐにギルド戦が始まると思ったら、見たことがない過去話が始まったのはかなり驚いた。その話自体はよかったのだが、それ故にギルド戦がひたすら原作をなぞるだけになってしまってそこが非常に残念だった…

終末のイゼッタ

今季終了第四弾。尺が足りなかったかなあ。 ミリタリー枠としてはそれなりに満足できた。キャラも結構気に入っていた。舞台装置もいくらでもいじり甲斐がある気がしたのだが、縦横無尽にそれを使い倒すにはこの話数はかなり短すぎたか。その弊害は脚本に直接…