読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障子を張り替える

ずいぶん以前から目立たないところが破れていた障子。ふと気がつくとその破損が大きくなっていたし、ちょっとやる気も出ていたので一気に張り替えることにした。張替え手順は、子供の頃に親父と一緒に実家の障子を張り替えたことを覚えているので何とかなるだろうと。結論から言えば余裕だった。
霧吹きは、昔か空になった洗剤の容器が残っているので代用。桟に沿って水を吹きかけてるとあっさりとはがれる。十分に乾かし、桟に糊をしっかり乗せる(中途半端に隙間を空けると、耐久性が落ちるし美しくない)。底を上からくるくると障子紙をのせ、余分なところをカッターで落とすと出来上がり。余りに簡単だったし、対の障子と色合いが変わるのも美しくないので、予定にはなかったけどそちらも交換。うん、美しい。
今回障子紙を探していて面白かったのが「UVカット加工済みカット率95%、白色度アップ」をうたうものや、アイロンで簡単に出来るという商品があったこと。もともとの障子紙でどれくらいカットしていたのか分からないのでこの数字にどれくらいの意味があるかは分からないけど、確かに障子紙以外の材質も混ぜ込んでいるので、それなりの効果は期待したい。すくなくとも白色度アップは部屋の採光状態をみれば一目瞭然。とてもきれいになった。