読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残響のテロル

過去作消化(2014年)。女性キャラはいらなかったかも。
確かテロリズムの方法論をセキュリティの専門家に聞いたうえで作劇したと聞いた記憶がある。初期はそんな感じで、主人公と警察側の知能犯罪(2014年なら、まだDeath Noteのフォロワーが多かったはず)対策と思っていた。しかし、例の女子高生を合流させたことで、意図的?にエラー率を上昇させて無理やりエンディングに話を持っていたように感じる。元同じ施設の女性の存在も同様で、狂言回し以上のことが結果的にできなかった。
題材は悪くないと思ったし、主人公二人は最後は死にそうだなと感じていたので大きな驚きはなかったが、狂言回しの女性二人をオミットしたバージョンが存在するならば、むしろそちらを見たいと感じた。